ひかり電話

ひかり電話ではダメな時もある

使用している全ての回線をひかり電話にすれば、より多くの経費の削減につながりますが、一般回線を利用したほうが良い場合もあります。

FAXでの使用

基本的にひかり電話でFAXを使用することは可能ですが、極まれに正常に送受信できない場合があります。

FAXの種類にもよりますが、具体的に原因をつきとめられるケースはなかなかありません。

また、ひかり電話が通信障害等で通信不能になった時は、連絡手段が著しく限られてしまいます。

普通に連絡を取る分には携帯電話があれば大丈夫ですが、インターネットも電話回線も止まった状態では、メールもFAXも使うことができません。

メールは仕方が無いとしても、FAXに関しては、一般回線を用意しておけばひかり電話が通信障害を起こしても通信することができます。

絶対にFAXを止められない!という場合は、一般回線での使用をおすすめします。

警備での使用

警備用で使用している回線に、ひかり電話などのIP電話回線を使用することはおすすめできません。

停電が発生すると、警備用端末に関してはバッテリーが搭載されているので、ある程度の時間動作しますが、ひかり電話などのIP電話回線は停電時には利用することができませんので、停電などを伴った緊急の時にはまったく役に立ちません。

その点一般回線であれば、停電時でも問題なく使用できますので、問題はありません。